FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、10月に、かなり書き忘れていた記事があったのに、一足飛びに11月の記事を書いてしまったことに気が付きました。
第一、歌舞伎見物とか、大事な行司を書いてない!!

まず、10/9の名古屋城の市民茶会の記事を簡単に。^^


この日、10月のりんご会は、毎年開かれる、名古屋城の市民茶会に行き、その後ランチをする、というスケジュール。
私は、母が日帰りのデイの日なので、りんごさんにわがままを行って、11時に会場にかけつけるという図々しさ。
実は、皆さん、10時半くらいに集合して、お茶席で順番を取って並んでいてくださったそうです。

この日は、あいにくの本降りの雨。…というか、「大雨」でした。^^;

天気予報でもそういっていたので、嫌いな、でもお茶会向けの化繊の小紋。
これは、お華会でもお手伝いに着た物。帯も一緒です。正絹ですが超安物、母にダメだしくらった帯。
小物は、お華会のときはピンク系にしましたが、今回はオレンジ系にしてみました。

10.9着物


他の方も、あまりの本降りのため、洋服参加の方も数名、着物の方は、もちろん全員化繊でした。(男性の郷さん以外)

******

今回の茶会は、名古屋城の「猿面席」という小間の茶席で、りんご会のメンバーのカサブランカ名古屋さんのご主人様が、松尾流の先生をやっていらして、
その方が釜をかける、ということでお誘い頂いた企画でした。
猿面席、というのは、床柱に木の節で、「目」のようなものが二箇所あることから名づけられたようです

2席で1500円のチケットだったので、待っている間に、広間の表千家の薄茶席にも入りました。
私達は、屋内でしたが、流派によって、野点席で、テントの中で釜をかけてらして
お手伝いの方が、すごく素敵な訪問着とかを着てらしたので、皆さんの着物が心配でした。

席に入って、カサブランカさんのご主人から楽しくいろいろお道具の説明を頂きました。
夜学釜」というかわった釜がかかっていて、葵のご紋が入っていました。
大西清右衛門という、「千家十職」の中の代々の釜職人の方の作品で、
でも、家で検索すると、どうやら過去にあった釜を模して当代の大西清右衛門さんが作ったものではないかな~と思いましたが、そこは不明です。

掛け物は、織田信長の消息(手紙)、猿面の床柱が豊臣秀吉、釜の葵で徳川家康、の名古屋の三英傑をテーマにされたそうです。
なんせ、今年は「名古屋城 開府400周年」なので。^^

***

お席を楽しみ、外に出ると、真剣に大雨。。。写真小僧の私もさすがに断念。

正門に集合して、車を出してくださった方に分乗を決めていると、
去年デビューの名古屋の舞妓さん、「ゆき乃さん」と遭遇。
今日は、お茶会のお手伝いに借り出されていたところ、午後から空いたので、なんとりんごさんが、一緒にランチにお誘いしたのだとか!!
名古屋にも、他に舞妓さんはいらっしゃるのですが、10代の舞妓さんは何十年ぶりだそうで、
大盛り上がりなのですよ。
mixiで、お写真は拝見していましたが、実物のかわらしさ、美しさに、惚れ惚れ~~~~!!


一路、車に乗せて頂き(なんと、ゆき乃さんと同じ車でした♪)
東区撞木町のお豆腐懐石の店「くすむら」へ。

2100円のランチコースを食べました。
本当に2100円なの~~~!!というボリューム満点!!!
美味しかったし、ヘルシーだし、車じゃないと不便なのですが、是非また行きたい店です。

   くすむら豆腐

                       くすむらランチ

             くすむらデザート


でも、ランチタイムが2時半終了なので、1時半に到着した私達、どんどん料理が出てきて、
おしゃべりもしたいのに、ゆっくり食べられなくて、焦る焦る~~!

それでも、食べるのがみんな早くて大食いのりんご会メンバー、
私は久々にお会いしたなごみんさんと、めちゃくちゃおしゃべりも食事も超特急でした。^^

最後に、ゆき乃さんを囲んで撮影会。この「花のような」笑顔!

IMG_2136_convert_20101205032102.jpg


京都の舞妓さんが「だらり」帯なのに対し、名古屋の舞妓さんは「後見結び」だそうです。
Wikiを見ると、各地の舞妓さんで帯結びが異なるようです。

                IMG_2133_convert_20101205032031.jpg

         5615757_650159416_172large_convert_20101205031140.jpg

       5615757_650211212_97large縺シ縺九@_convert_20101205031957




そして、楽しい1日は無事終了。

母が帰るまでに、家に到着できました。
りんごさん、いろいろお気遣い頂き、ありがとうございました。
車にいつも乗せてくださる郷さん、kikuminさんやりんごさん、ありがとうございました。


※「名古屋市にも花柳界「名妓連」に舞妓が3人居る。舞妓になるには、金の鯱が出来る事が必須である」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9E%E5%A6%93より
さて、お座敷芸「金の鯱」とは? 12/11の「ゆき乃さんを囲んで忘年会」記事を、請うご期待!!
Secret

TrackBackURL
→http://kakenshoku.blog46.fc2.com/tb.php/458-dff71cac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。