FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、もう記事の時系列めっちゃくちゃ。
紅葉もいい加減終わりましたが、とりあえず先にアップします。

****

さて今年の着物。去年と違って天気は良さそう。ということで正絹の御召と紬、帯も替えを持っていきました。

1日目は、秋に三越で一目ぼれした「矢代仁(やしろに)」の御召。
調べたら、百貨店や特約店じゃないと手に入らないブランドなので、気に入った柄ならと思い、三越の矢代仁フェアの購入を決意しました。

絣御召…http://www.yashironi.co.jp/syurui/index.html 
まあ、矢絣なのに嫁ぎ先から戻りましたが、何か?^^;

            御召


帯は、Berry工房さんのろうけつ染め作家物&刺繍の名古屋帯。かなり何にでも合い、重宝。お気に入り。

    京都1日目

2日目は、私の一番最初に買ってもらった紬(十字絣)に、タイシルクの名古屋帯。
帯はネットで更紗を検索中に見つけた安い物。すぐにひけてしまうかしら。。

                    京都2日目

そして2日間とも黒い羽織と黒いショールを。


***

さて、名古屋駅8:20集合、皆さんオシャレに工夫を備えた着物です。
参加は、りんごさん、sadayanさん、私の女性陣と、郷さん、オチクンさん、せいセイさん、の男性陣、系6人。

新幹線はあっという間に京都駅に。
まずバスに乗って京大前で下車。

この日の主目的地は、「重森三玲庭園美術館」に行く事でした。
実は、ここ、シャープのアクオスのCMで、着物姿の吉永小百合さんが、座っていらっしゃる場所なのです!!^^

夏の「屋形船」の記事でご紹介した、重森三果さんが、三玲さんのお孫さんで、
りんごさんが、三果さんに、その日のアポをお願いしたところ、東京からの用事を済ませて、午前中に帰宅され、
12時~貸切でご自分でご案内してくださるという幸運!!

まだ約束の12時までに時間があったので、その隣の「吉田神社」を詣でることに。
あとから三果さんのお話で知ったのですが、ここは歌舞伎「車引き」の舞台として有名なんだそうです。

           IMG_2246縺シ縺九@_convert_20101218192046


鳥居をくぐってなだらかな階段を上がる途中、紅葉が美しい~~~
神社では白無垢・綿帽子の花嫁さん、お日柄もよくお天気もよく私達もなんかラッキーな気分に。

                     IMG_2249縺シ縺九@_convert_20101218192129


その後、京大前のカフェにて簡単なランチ。

いよいよ「重森三玲庭園美術館」へ。
立派な門を入ると、洋服姿で三果さんが駆けつけて下さいました。すみません、ありがとうございます。
美術館の拝観は午前中と午後2時~。その間の時間を、私達6人に貸切にしてくださったのです。
昔は、この建物で生活してらっしゃったそうですが、今は、イベントなどに貸してらっしゃるそうです。

IMG_2253_convert_20101218192301.jpg

        IMG_2256_convert_20101218192326.jpg


そして庭園。
思ったより(テレビより)狭い空間なのですが、門をくぐった瞬間に、「あ!」と小さな叫びが出そうなインパクト。
日本古来の伝統と、近代モダンの見事な融合の世界が広がっています。
岩々が、中国の墨絵に出てくる険しい岩山を思わせ、石庭があり、波が表現されています。

                     IMG_2259_convert_20101218192358.jpg

     IMG_2279_convert_20101218192444.jpg


中に入れませんでしたが、こちらなんと水琴窟になってる「つくばい」と茶席。

              IMG_2277_convert_20101218194330.jpg

                       IMG_2276_convert_20101218192644.jpg


そして書院に上がって…

 IMG_2272_convert_20101218192514.jpg

         IMG_2268_convert_20101218192823.jpg

                  IMG_2262_convert_20101218192718.jpg

三玲さん直筆

          IMG_2263_convert_20101218192756.jpg


女子は一人ずつアクオスショット。多分CMでは障子が取り外されていると思います。

        IMG_2265縺シ縺九@_convert_20101218192544

三果さんとともに。。

       IMG_2270縺シ縺九@_convert_20101218192615



何と静かな時が流れる空間でしょう。普通の古い日本庭園より「アート」という言葉が似合うモダンな静けさ。

枯山水にはありえない、あの枝垂れ桜は、晩年祖父が桜が好きな祖母の為に植えたものです。」
…というロマンティックなエピソードも伺えました。^^


三果さんにお礼を述べ、裏の吉田山を越えることに…。

              IMG_2282_convert_20101218193136.jpg


三果さんお勧めの、有名なカフェ(茂庵;もあん)が頂上にあるのだそうですが、お昼を済ませたばかりだし山頂まで登れず断念。

山中の「斎場所大元宮」。すべての神様をお祭りしてる??神社。(吉田神社内)
「延喜式内社全3132座の天神地祇八百万神を祀る。八角形の本殿に六角の後房を付けた、極めて特異な形状をしており、重要文化財に指定されている。 」だそうです。(Wikiより http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE)

           IMG_2285_convert_20101218193159.jpg


そして、同じく吉田神社内の「竹中稲荷」へ。ここは紅葉も素晴らしく、人もおらず。写真撮りまくりました。

IMG_2289_convert_20101218195254.jpg

                   4582460_880211299_91large縺シ縺九@_convert_20101218201939

  IMG_2291_convert_20101218195317.jpg


そして、引き返して三果さんから伺った真如堂方面へ行く途中の撮影現場にもなった、隠れ紅葉スポットへ行くか、
銀閣方面へ降りるか迷いましたが、また上まで引き返す余裕もなく、一同銀閣方面へ。


※いつか、洋服の時、重森庭園から吉田神社から真如堂、金戒光明寺(ここも人が少ないらしい、「そうだ京都へ行こう」のポスターの寺)へ行きたいと思います。

この途中に大文字焼きのあと発見。

                    IMG_2287_convert_20101218193254.jpg


そして、なんと!!!その後カメラを落としたことに気づき、
皆さんにご心配をかけましたが、気を取り直して銀閣へ。


その2へ続く…
Secret

TrackBackURL
→http://kakenshoku.blog46.fc2.com/tb.php/460-8b025178
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。