FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、高校時代は、親友の影響で、随分いろんな美術展や博物展、映画に引っ張って行かれ、
ほとんど見てないものはない、くらいに色々見ました。
…といっても、名古屋は東京に比べ、所詮田舎ですので、名古屋市立美術館も、当時はなかったような記憶だし、
県美術館が中心で、あとは博物館や百貨店での博物展が中心でした。
本当に、豊かな高校時代を過ごせたこと、その親友(生きている方)には感謝しています。

ところが卒業してから、大学が田舎の真ん中だったこともあり、
また社会人になってからも、映画はともかく、美術展には、本当に行かなくなりました。

それが、今年は、勢いついて、お陰さまで色々着物のお友達と回りました。
中には「着物割引」なるものがあり、着物を着ていくと200円ほど割引という美術展もありました。



1、「錦絵の黄金時代」(名古屋ボストン美術館)~1/8

まずは年明け早々、マイミクさんのなごみんさんと、sadayanさんと3人で、「錦絵の黄金時代~清長、歌麿、写楽」に行ってきました。
こちらは興行的にも成功のイベントだったみたいで、結構名古屋では話題を呼びました。
11時半に集合し、以前フィル友さん達とオフ会をしたフレンチレストラン「レ・ザンジュ」でランチ、
その後、美術館へ。
浮世絵展ということもあって、当然着物割引でしたので、私たち以外にも着物の方がちらほら。

かなりの作品数で、描かれている人物の着物の柄や、色、髪型に3人とも興味津々。
メガネをかけて、近くで指差してみていたら、警備員さんが、「触らないでくださ~い」ととんできました。
いや触ってないよね~。^^;
その当時の風俗や行事、面白かったりわからなかったり、3人でおしゃべりしながら楽しみました。

想像より、色数が少ない印象でしたが、浮世絵ってあんなものかな。
家に、古い「北斎」の画集があって、それは例の親友と見に行ったときのものですが、
多分そのときのほうが、感動し、インパクトが強かった気がします。

でも、今回も、違った方向性で江戸の気分をいっぱい味わう事ができました。

この日は、去年末コメ兵で5000円で購入した小千谷紬に近所のおばさんにもらった無地の帯。
色目が明るくて春らしいので気に入っています。

   小千谷紬

あちこちに、人間大の浮世絵が飾ってありました。

                 IMG_2377縺シ縺九@_convert_20110511181143


2、「カンディンスキーと青騎士展」(愛知県美術館)~3/10

        IMG_2629_convert_20110511181032.jpg

名古屋では、どっちかというと、名古屋市美術館のゴッホ展が人気でしたが、
特別にゴッホファンではないひねくれもののの私は、抽象画家のカンディンスキーの展覧会のポスターを見てお誘いしたところ、薫さんと、かづらさんがご一緒してくださいました。
こちらは着物割引はありませんが、着物のお友達ということで、3人で着物でお出かけ。^^

私もカンディンスキーには詳しくありませんが、こちらも若い頃、ミロ&クレー&カンディンスキーの3人展を見たことがあり、数枚の「いかにも」カンディンスキーらしい絵は知っていました。
まるでコンパスや三角定規や分度器で描いたような絵…
でも、今回は、そういう「いかにも」らしい絵になる前の、具象から段々変化していくカンディンスキーの絵と、
その仲間(青騎士というらしい)の絵が紹介されていて、「いかにも」の絵は全然ないのです。

このポスターの絵も、抽象画へ移行しつつあるカンディンスキーの絵で、青が綺麗で印象的ですね。
でも、正直、素人の思い込みか、やっぱり有名なカンディンスキーの絵が一番良くて、
あとの仲間の絵は、数を増やすため、、、という印象。。(すみません><)
満足いく点数が足りない、というのが正直な印象でした。
薫さんも昔の「ミロ&クレー&カンディンスキー展」をご覧になったそうで、そのときより物足りないわ、と仰ってました。私もです!

ついでに常設展も鑑賞。
愛知トリエンナーレに出品されていた作品が一点残っていました。
こちらは撮影OKとのこと。薄いビニール?が、つってあり、黒い雨のような糸がたくさん下がっています。
実はこれ、糸ではなく、接着剤のような液体を固まらせたものらしい。
なかなか面白い作品で、迫力もあり、楽しめました。(ビニールの中にも入れました。^^)

IMG_2630_convert_20110511181101.jpg


そして、ロビーで写真をお互い撮影しまくって喫茶店へ。。
この日は、白大島に、Berry工房さんの「ち江す」さんのろうけつ染め「シロツメクサ」の半巾に、レースの帯揚げで、春らしく遊んでみました。

            IMG_2621縺シ縺九@_convert_20110511181006

                      IMG_2624_convert_20110511180940.jpg



3、「松坂屋コレクション」(松坂屋美術館)~3/23

新聞屋さんが集金のときにくれたチケット、見るとなにやら古い着物が。。
松坂屋の400周年を記念して、松坂屋のコレクション展がある、とのこと。
mixiで当日つぶやいただけのに、なんと、りんごさん、薫さん、チヒロさん、ふくぞーさん、きらちゃん、と大勢の人が参加になりました。
95%以上、松坂屋が所蔵している着物(小袖とか)類で、無料券2枚ありましたが、残りの人もやはり着物割引がありました。^^

400周年、ってぼんやり考えてましたが、なんとこれ、1600年の関が原の戦いの11年後の創業、、ってすごすぎるわ。( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ
入り口に、大きな大きな古い暖簾があり、その次に、江戸時代の松坂屋の店舗の様子を描いた浮世絵があり、
その絵の中に、同じ暖簾が何枚かかっていたやら!!
実物の暖簾の大きさから考えると、江戸時代だというのに、いったいどれだけの大きな店舗だったのか、びっくり。
まさに当時から、呉服屋とはいえ、百貨店というにふさわしい店だったようです。

展示品は、豪華絢爛。尾張徳川のお姫様衣装やら、子供の衣装やら。
染め(まだ糊が開発される前のものから)の見事さ、刺繍の素晴らしさ、圧巻でした。
そして、その展示数も半端なし!!満足すぎるほど満足させてもらいました。
今年の美術館の中で、ぴか一の感動だったかも!

美術館の前で。この日は、久米島紬に紫根染めの帯。

             IMG_2675縺シ縺九@_convert_20110511181229


4、ゴッホ展「こうして私はゴッホになった」(名古屋市美術館)~3/29

なんだかんだいって、結局見に行きました。^^;
りんごさんの幹事のもと、sadayanさんと、きらちゃん、私の4人で行きました。
伏見のイタリアンで美味しくお値打ちなランチの後、見えてきたのは、美術館と同じ敷地の白川公園にある名古屋市科学館。
実は、このプラネタリウムが改築され、先日オープンしたばかり。この写真のときは、まだオープン前でした。

              IMG_2684_convert_20110511181317.jpg


さて、美術館。

               IMG_2686_convert_20110511181348.jpg


こちらも、チケット購入時からすごく並ぶという大人気。平日だっていうのにね~。
中は、もう人、人、人、で、ゆっくり自分の世界に浸って鑑賞できません。
日本人て、なんでこうゴッホが好きなんだろ。
小学生の頃、ゴッホの「ひまわり」がくる、っていうので、美術館のまわり半周取り囲むように父と並んで見に行きました。
こちらもカンディンスキー同様、「これこそみんなの知ってるゴッホだよね」という絵は少ないのです。
よく見ると、「こうして私はゴッホになった」。つまり、ゴッホらしい画風を確立する前の
試行錯誤の作品がかなり多く、またこちらも他の画家の絵で割り増しされている。

わかったのは、ゴッホが師につかなかったので、勤勉に勤勉にミレーの絵を模写し続けた、ということ。
ゴーギャンのことが大好きでしかたなかたのに、夢破れて辛い目にあった、、ということ。
前にNHKで特集を見たことがあるのですが、多分、その激しい気性に、人はついていけなかったんだと思う。
その分、一途な純粋なゴッホの魂は、絵にも表れているように思います。

外で撮影会。。
コメ兵で見つけた、花織風西陣の着物に、同じく花織風の帯。
寒い日だったので、ストールをしたら、雪だるまみたいになりました。^^;

           IMG_2687縺シ縺九@_convert_20110511181408


でも、とにかく、ゴッホらしい絵が少ないのと、人が多いのでげんなり。。。
帰りに、矢場町にある「くるり名古屋店」に初めて連れていってもらい、冷やかしで帰りました。^^



****

親友は、学芸員をしていますが、昔のバブルの頃と違って、そんなに良い絵がバンバンこないのよ、
さらに地震で、良い絵がこなくなる、と言ってました。
6月には、名古屋にレンブラントが来ます。結構好きなので見に行く予定。
同じく6月に、豊田市美術館でフェルメール展があり、こちらも6月のりんご会で訪れる予定です。
思わぬ、アートに触れる1年になりそうです。^^


※どの写真も、太って?お腹突き出て妊婦さんみたい~~。゜゜(´□`。)°゜。


Secret

TrackBackURL
→http://kakenshoku.blog46.fc2.com/tb.php/491-3a4b2d66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。